人気のブライダルローン審査の通るについて

ブライダルローンは楽天銀行がおすすめ

楽天銀行ではブライダルローンを提供していて楽天会員や口座がある人であれば簡単にオンラインで手続きができます。

金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており楽天銀行から借り入れをする際に注意することは楽天銀行の融資額は1人あたりMAX500万円までと決まっていることです。

ブライダルローンでは200万円までしか借りることができないという事です。

ローンの申請には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になるほか、融資を受けた後は領収書等、ローンを正しい使途で使ったことを証明できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

ブライダルローンというものは、結婚に使途を限定してお金を貸してくれるサービスでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。

銀行カードローンや消費者金融だと、無利息期間が用意されていたりしますがブライダルローンは目的別ローンですから無利息サービスというのはありません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間があるカードローンでブライダル資金を借り入れるのがいいでしょう。

カードローンであれば、30日程度の無利息期間が用意されていることが多いのでご祝儀で完済できる見込みがあれば、実質無利息のブライダルローンということになります。

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。

ブライダルローンは結婚に関した出費にしか利用できないという制限がありますが結婚式以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。

新居を購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思いますが頭金があれば金利が優遇されるなどメリットがあります。

一般的に住宅ローンの頭金は多いほど良いとされていて物件価格の2、3割程度用意できれば安心です。

その計算上では2000万円の物件を購入する場合、頭金は400万円から600万円必要となる計算になりますのでとてもじゃありませんが、一朝一夕で用意できる金額ではありません。

そこでブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金の一部に回せば低金利での資金調達が可能となるのです。

オリコのブライダルローンはブライダルプランという商品名で貸付利率は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円となっています。

満20歳以上で安定した収入がある人であれば申込むことができ収入制限や雇用形態、勤続年数などの条件はありません。

返済期間は6か月から最長で7年(84か月)を設定することができ融資金額が50万円以下の場合は最長48か月(4年)になります。

ローン申込書や本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になるほかオリコでの借入れ額の合計が50万円を超えてしまう場合は所得証明書類の提出が求められます。

前年度の源泉徴収票や支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローン組む際に重要になるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、いくらくらい掛かるのが相場なのでしょうか?全体の15%を占めているのは、300万円から350万円の価格帯で第2位は400万円から500万円(12.4%)、第3位は350万円から400万円(10.9%)となっています。

平均相場は調査した専門誌などによってばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用というのは挙式や披露宴以外にもあり新婚旅行費、新居の礼金敷金・賃貸料、家具や家電などでプラス100万円以上かかってしまいます。

更におめでたとなると、出産費用やおむつなど準備も必要になりますのでプラス20から30万円を見積もってローンを組む必要があります。

ブライダルローンというものは、結婚式のために借りると言う方が大半かと思いますが金融機関からお金を借り入れることに変わりないので、あらかじめシミュレーションをすることがとても重要です。

結婚式に必要な費用だけでも300万円はかかると言われてますのでそこから毎月の返済額やボーナス払い、借入金利を含めて計算します。

借入金が300万円でボーナス払いナシ、金利7.0%、毎月4万円で計算しますと、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月という結果に。

ご祝儀の支払のあてにしようと思っても結婚式は赤字になるのが一般的ですから、100万円くらいは赤字になる人が多いようです。

そこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが必ずしも200万ほどのご祝儀が入ってくるとは限りませんから、当てにするのはやめておいた方が無難です。

ブライダルローンで必要な確認書類

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

ブライダルローンは目的別ローンと呼ばれるローンでリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

ブライダルローンで許可されている使い道には挙式・披露宴や衣装のほかにも新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

カードローンなどのフリーローンと大きく違うのは使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書、予約確認書など支払予定のもので支払完了後には領収書などの提出も求められることがあります。

結婚資金といえば、挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪、引き出物など100万円単位の大金が必要になってきます。

結婚資金はそれ以外にも新婚旅行や新居の入居費用も必要ですからそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンというローンは、多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査の重要なポイントは借主に返済能力があるかです。

本人確認書類の他に源泉徴収票や収入証明書類なども必要になります。

ブライダルローンでは基本的には保証人を立てる必要はないのですが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。

楽天銀行ではブライダルローンを提供していて毎月の返済額は1万円からOKとなっています。

楽天銀行から借り入れをする際に注意することは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

仮に既に楽天スーパーローンで300万円の借入れしている場合はブライダルローンでは200万円までしか借りることができないという事です。

申込には本人確認書類、収入証明書などが必要となるほか、総量規制とは収入の三分の一を超える融資を禁止にした規制であり、消費者金融などの貸金業者に適用される規制です。

結婚式にかかる費用は平均して250万円から350万円ですから総量規制を計算すると、750万円から1
050万円の年収が必要になる計算です。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんしこのままでは結婚式を挙げられないのでは?と不安になってしまいますよね。

しかし、銀行の場合貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

ただし、クレジットカードのキャッシングでお金を借りると貸金業法が適用されますので、総量規制の対象となりますことご留意ください。

ブライダルローンも基本的にはカードローンと同じですから審査に通らなければいけません。

ブライダルローンは低い金利で融資をしてもらえますのでカードローンよりも厳しい審査となります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴は年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

又、過去に滞納履歴や債務整理、自己破産歴があったり、複数から借り入れがある人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので信用されていると思われがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

ブライダルローンの返済方法をどのようにするべきか頭を抱えている人も多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけないということを先に伝えておきます。

一般的に300万円の結婚式を挙げた場合にご祝儀で全額回収することは不可能といわれており100万円程度の赤字がでるというのが常識です。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して300万円分ご祝儀が集まりますので、完済しきれるはずです。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。