ちょっと待った!ブライダルローン審査の通る

ブライダルローンで300万円借りる

オリコのブライダルローンはブライダルプランという商品名で融資額は10万円から300万円で、貸付利率は6.0%から13.2%となっています。

申込条件は満20歳以上で安定した収入がある人で、返済期間は6か月から最長84か月(7年)ですが融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

ローン申込書や本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になるほか又、オリコからの借入れ額と、他の金融業者からの借入れ合計額が100万円以上ある場合も直近3カ月以内の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

決して、ご祝儀を当てにしてはいけません。

仮に300万円の結婚式を挙げたとして、その挙式費用をご祝儀で全額賄うことは不可能といわれており100万円程度の赤字がでてしまうのが普通です。

例えば1人あたり3万円のご祝儀をくれたとしても招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

頑張って100人を招待できれば実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できた割合は45%と言われていますが残り人たちは一括返済できなかったということになりますから、ご祝儀をあてにするのはやめておきましょう。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して、金利が低いことには間違いないのですが借金には変わりないので返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し、残った金額が元本に充てられるということになります。

従って、返済期間が長引くほど利息が多くなってしまいますのでなるべく返済期間を短くして早めに完済してしまった方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンで借り入れた借金が御祝儀で賄えるようであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀で返済しきれない場合は返済計画をきちんと立て無理のない返済をしていきましょう。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

金利についても二つには大きな違いがあり、ブライダルローンは5%から7%が一般的な相場に対してカードローンの場合、3.0%から18.0%と非常に高金利に設定されているのがわかります。

申込手続きや審査を比較すると、ブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは審査がスピーディーで、即日融資をウリにしているサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンだと、は実績を積まなければ数十万円程度しか借りられません。

みずほ銀行にはブライダルローンというローンは用意されていないのですが結婚費用にも使える「みずほ銀行多目的ローン」が用意されています。

最長返済期間は7年で、最大融資金額が300万円、多目的ローンを含めたローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内でなければ融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%と低い金利なのが特徴的ですが又、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、または利用していた人は更に年0.1%の金利引き下げサービスを受けることができます。

申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上必要で、前年度税込年収が200万円以上となっています。

ブライダルローンを提供している金融機関は数多くありますがどのような点に注目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは資金用途が制限されたローンなのですがお金の使途に関する制限というのは、実は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

ブライダルローンの選び方で重要なことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで認められているかをということです。

金利が低く借入限度額が大きいに超したことはないのですが毎月の返済額や最長返済期間なども考慮して無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンと銀行カードローンの違い

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱っている信販会社などでサービスが提供されています。

一般のカードローンよりも金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関連した使途と言っても結婚式は勿論のこと新婚旅行や新居への引っ越し費用、家具や家電の購入代金など色々とお金が入用となってきます。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品に違いはありませんので審査に通らなければ借り入れることはできません。

ブライダルローンは低金利かつ数百万単位で借入可能ですからカードローンよりも審査が厳しくなるのは否めません。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴は年収が200万円以下、勤続年数が1年未満といった信用情報が弱いことが多いです。

又、過去に滞納履歴や債務整理、自己破産歴があったり、複数から借り入れがある人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴も無いため、信用されないことはないだろうと思いがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンで通常のカードローンと比べて低い金利でお金を借り入れることができます。

銀行カードローンや消費者金融だと、無利息期間が用意されていたりしますが残念ながらブライダルローンには無利息サービスはありません。

結婚に関する資金を無利息で借りたい場合は無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

消費者金融のカードローンなら30日程の無利息期間が設定されているのでご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息で借入が可能なブライダルローンということになります。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。

楽天銀行ではブライダルローンを提供していて楽天会員や楽天銀行に口座がある人ならば簡単にオンラインで手続きができます。

固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円、月々の返済額は1万円からOKなので、無理のない返済を実現しています。

楽天銀行から融資を受ける際に気を付けることは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までと上限が決まっていることです。

仮に既に楽天スーパーローンで300万円の借入れしている場合はブライダルローンでは500万から差し引いた額、つまり200万円までしか借りられないのです。

申込に必要な書類は本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類で融資実行後は領収書等、支払が確認できる書類を提出しなければいけません。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングと言う意味では同じかもしれませんが二つには大きな違いがいくつもあります。

まず、ブライダルローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンですがカードローンというローンは主に消費者金融業者が提供しているフリーローンです。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンは3.0%から18.0%と高金利に設定されています。

次に申込手続きや審査を比べてみましょう。

ブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは比較的簡単な審査が多く、即日融資が可能なサービスも多くあります。

一方で、ブライダルローンは高額融資が可能なのに対しカードローンの場合、借入実績を積まなければ高額融資が受けられませんので、最初のうちは数十万円程度しか借りられないというデメリットがあります。

ブライダルローンを借りるにあたって、返済方法をどうするかと悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てにして返済プランを考えてはいけません。

仮に300万円の結婚式を挙げたとして、その挙式費用をご祝儀で全額賄うことは不可能といわれており100万円程度の赤字になるというパターンが多いようです。

招待者数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ということになりますので、90万円の赤字になります。

頑張って100人を招待できればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人は45%だそうで