ブライダルローン審査は学生でも通るの?親バレしない?

ブライダルローンで新婚旅行

ブライダル資金と言うと結婚式や結婚指輪など100万円単位の大金が必要になってきます。

結婚資金はそれ以外にも新婚旅行や新居の入居費用も必要ですからそれぞれに数十万円程度の資金が必要になります。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査の重要なポイントは借主に返済能力があるかです。

本人確認書類の他、源泉徴収票や収入を証明する書類なども求められます。

ブライダルローンでは基本的には保証人を立てる必要はないのですが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。

ブライダルローン申し込み時の必要書類は本人確認書類や収入証明書などです。

勤続年数や雇用形態といった勤務状況を融資条件にしている所も多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場などの請求書や見積書も必要です。

既に払いを済ませてしまったところがある場合はローン対象外になってしまう場合がありますので、支払う前によく確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して支払った出費に関しては領収書や振込控えのコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することになります。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングローンと言う意味では共通していますが両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

まず、ブライダルローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンですがカードローンというローンは主に消費者金融業者が提供しているフリーローンです。

貸出金利についても大きく異なり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%と非常に高金利に設定されているのがわかります。

次に申込手続きや審査を比べてみましょう。

ブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは比較的簡単な審査と言われており、即日融資も可能というサービスも珍しくありません。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンの場合、借入実績を積まなければ高額融資が受けられませんので、最初のうちは数十万円程度しか借りられないというデメリットがあります。

銀行のブライダルローンは楽天銀行などの専門のローンを提供しているところもありますが多くの銀行では目的別ローンなどで対応していることが一般的です。

一方でクレジットカード会社が提供しているブライダルローンもあるのですが、こちらは結婚式場と提携している場合が多く、クレジット会社が指定する結婚式場で挙式をあげることが融資の条件となっていることが多いです。

銀行の金利はだいたい5%から7%が相場となっていますが式場提携タイプのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利を考えると銀行のブライダルローンのほうがメリットが大きいのですがクレジット会社でも銀行と同じくらい低金利なものもあります。

ジャックスのプレシャンテは金利が6.5%ですから楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円ですし、クレジット対応ということから口コミ評価は高いです。

キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

新規の借入先として消費者金融を考えている人は総量規制がかかってきますので年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行でも1人当たりの貸付総額が定められている場合がありますのでカードローンを利用している銀行から追加で借り入れを考えているという人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借入可能ですが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていることから、楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないことになります。

みずほ銀行の場合も最大融資額は300万円ですが、すでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

みずほ銀行にはブライダルローンというローンは用意されていないのですが結婚式などにも利用できるみずほ銀行多目的ローンがあります。

多目的ローンを含めたローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内でなければ融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%と低い金利なのが特徴的ですがさらに低金利な変動金利も選ぶことができます。

又、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、または利用していた人は年0.1%の金利引き下げサービスも享受できます。

申込対象者は満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、

ブライダルローンは審査通る

ブライダルローンというローンを申し込む時に必須となる必要書類は一般のカードローンと一緒で、本人確認書類、収入証明書などになります。

勤続年数や雇用形態といった勤務状況を融資条件にしている所も多く勤務先や勤務形態などが記載された勤務証明書が必要になる場合もあります。

ブライダルローンは使用目的が限られているローンなので結婚式場や旅行会社などの請求書や見積書も必要となります。

すでに支払いを済ませてしまっている場合はローンの対象外になることがあります。

ブライダルローンを利用して代金を支払った結婚式場や旅行会社、不動産屋さんの領収書や振込控えなどはコピーをとって、借入をした金融機関に提出します。

ブライダルローンもカードローンも同じ金融商品となりますので審査に通らなければ借り入れることはできません。

ブライダルローンは低金利かつ数百万単位で借入可能ですからカードローンよりも厳しい審査になることは避けられません。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴は年収が200万円以下、勤続年数が1年未満、非正規雇用などがあげられます。

また、過去に滞納履歴や債務整理の経歴があったり数社から借り入れしている人は条件は厳しいと言わざるを得ません。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので信用されていると思われがちですが信用情報が一切ないということは、信用度の判断もできないということになるため、審査に通らない可能性があります。

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライダル専門のローン用意しているところもありますが多くの銀行では目的別ローンなどで対応していることが一般的です。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンの場合は結婚式場と提携していることが多く、指定の式場で挙式するのが融資条件となっている場合があります。

銀行のブライダルローンの金利は5%から7%が相場ですが式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面では銀行のブライダルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社でも銀行と同じくらい低金利なものもあります。

その中でもジャックスの「プレシャンテ」は金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚関連以外の使い道は認められていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

ブライダルローンで許可されている使い道には挙式・披露宴や衣装のほかにも新婚旅行費や、新居の引っ越し代・礼金敷金、家具家電の購入費用などが認められています。

カードローンのフリーローンとどの点が違うのかというと使い道を証明する書類を必要になることです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書、予約確認書など支払予定のもので支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む以前にまずは借入残高を確認しましょう。

借入先に消費者金融を考えている人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える借金はできまませんので、事前に計算をしておきましょう。

銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンを利用している銀行から追加で借り入れを考えているという人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資を受けることができますが1人当たりの貸付総額は500万円と設定されているため、すでに楽天スーパーローンで300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないということになります。

みずほ銀行の場合も最大融資額は300万円ですが、みずほ銀行でローンを利用している人は、貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテゴリー分けされてることが多くリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使途を結婚式に関連する資金と限定することで普通のカードローンよりも低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のキャッシングサービスには目的別ローンはなく使い道が自由なフリーローンになります。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%なので、圧倒的に低金利だということはお分かり頂けるかと思います。

又、ブライダルローンは数百万円単位で借り入れることができますが、カードローンだと、初回の借入額は多くて数十万円が関の山です。