ブライダルローン審査の必要書類を揃えましょう

ブライダルローンを申し込む際の必要書類は通常のカードローンと同じ

申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

そのほか、勤続年数や雇用形態を融資条件として加味している所も多く勤務証明書が必須というところもあるようです。

ブライダルローンは使用目的が限られているローンなので結婚式場や旅行会社などの請求書や見積書も必要となります。

既に支払い済みの場合はローン対象外になることがありますのでご注意ください。

ブライダルローンを利用して代金を支払った式場代などの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することが求められています。

ブライダルローンを借りる際に返済方法で悩む人は多いと思いますが300万円の結婚式を挙げた場合、ご祝儀で全額回収することは難しいと言われており100万円程度の赤字になってしまうのがほとんどのようです。

1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待者が70人だと、ご祝儀の総額は210万円で90万円の赤字になってしまいます。

しかし、何とか頑張って100人を招待することができれば実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人は45%だそうで残りの55%は一括返済できなかったことになりますから、ご祝儀での一括返済は容易ではありません。

ブライダルローンは様々な金融機関で提供されていますがどのような点に注目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは資金用途が制限されたローンなのですがお金の使途に関する制限というのは、実は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例えば楽天銀行だと、新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスの場合は、挙式と披露宴含まれていればそれ以外の費用にも利用できるとされています。

ですから、ブライダルローンの選び方で大切なことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで認められているかをということです。

金利が低く融資の限度額が大きければ大きいに超したことはありませんが毎月の返済額などを考慮して無理のないプランを組めるローンを選ぶことをおすすめします。

ブライダルローンもカードローンもお金を借りるという意味では同じ商品ですから審査に通る必要があります。

ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンより審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴として年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

また、過去に滞納履歴や自己破産歴があったり、複数のローン会社から融資を受けている人は危ないです。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので信用されていると思われがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

楽天銀行では目的型ローンでブライダルローンを提供していて楽天会員の方であれば簡単にオンライン手続きが可能です。

固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円、月々の返済額は1万円からなので、無理のない返済が可能です。

楽天銀行から借入をする際に気を付けたいことは楽天銀行の融資額は1人あたりMAX500万円までと決まっていることです。

仮に既に楽天スーパーローンで300万円の借入れしている場合はブライダルローンでは200万円までしか借りられなくなってしまいます。

ローンの申請には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になるほか、融資実行後に、領収書など支払が確認できる書類を1か月以内に提出することが義務付けられています。

ブライダル資金と言うと結婚式や結婚指輪など数百万円単位の大金が必要になります。

お式以外にも新婚旅行や新居の入居費用などそれぞれに数十万円程度の資金が必要になります。

ブライダルローンは多額の資金を低い金利で融資してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルはかなり高く厳しいものになります。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他、源泉徴収票や収入を証明する書類なども求められます。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人を付けることが融資の条件となる場合もあります。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンです

結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

使い道が限定されていることで金利を低くした目的別ローンでリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

ブライダルローンで許可されている使い道には挙式・披露宴や衣装のほかにも新婚旅行費や、新居の引っ越し代・礼金敷金、家具家電の購入費用などが認められています。

フリーローンと何が違うのかというと使い道を証明できる書類を提出する必要があることです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書が必要になり支払完了後には領収書や振込控えなどが必要になることもあります。

ブライダルローン返済方法についてどの方法がベストなのかと悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てこんで返済プランを組むことは避けましょう。

300万円の結婚式を挙げたとして、その費用をご祝儀で全額回収することは困難といわれており招待者数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ということになりますので、90万円の赤字になります。

しかし、何とか頑張って100人を招待することができればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

残りの55%の人たちは一括返済できなかったということです。

銀行のブライダルローンは目的別ローンというくくりに入っていることが多くリフォームローンや医療ローンのように使い道が限られたローンになっています。

使い道をブライダル関連に限定することで一般のカードローンよりも低い金利で借りることができるのが大きなメリットです。

これに対して消費者金融のカードローンはというと目的別ローンではなくすべては用途が自由なフリーローンになります。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%ですので格段に低いのがわかります。

又、ブライダルローンは数百万円単位でローンを組むことができるのですが、カードローンだと、初回の借入額は多くて数十万円が関の山です。

ブライダルローンというものは結婚に類する出費にしか使えないという制約があるのですが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

新居を購入する場合大半のお方は住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば低金利で融資を受けられたり、審査に通りやすくなるなどのメリットを享受できます。

一般的に住宅ローンの頭金は多いほど良いとされていて物件価格の2割から3割程度用意しておくのが良いと言われています。

つまり、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円必要ということですからぱっと用意できる金額ではありませんね。

ブライダルローンで借りたお金を、新婚生活のための住宅ローンの頭金を回せば低金利で融資を受けることが可能となります。

ブライダルローンというローンは結婚のためにお金を融資てくれるサービスのことで銀行や信販会社などが提供しています。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、カードローンよりも手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関わる資金には、結婚指輪や結婚式のほかにも新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから・・・という人もいるかと思いますが金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

ブライダルローンというローンを申し込む時に必須となる必要書類は普通のカードローンと同様、申込書や本人確認書類、収入証明書などになります。

又、勤続年数や雇用形態を融資条件にあげているところも多く勤務証明書が必須というところもあるようです。

ブライダルローンは目的別ローンといって、使途が限られているローンなので結婚式場などの請求書や見積書も必要です。

既に払いを済ませてしまったところがある場合はローン対象外になることがありますのでご注意ください。

ブライダルローンを利用して代金を支払った結婚式場や旅行会社、不動産屋さんの領収書や振込控えなどはコピーをとって、借入をした金融機関に提出します。